グレーゾーン~~分からないことはステイトに聞け。

電気脱毛~~レーザー脱毛~~IPL光脱毛、、、呼び名を変えてフラッシュ脱毛だとか色々とあり、資格制度の確立されてない日本では長年に渡って、違法性が問われ医師法違反になるケースも出たりします。資格なしに開業できる=需要に応じ増えるのは当たり前、何せ日本人は身だしなみに抜かりない!綺麗だもん。

アメリカは州によって資格基準設定は異なるものの、人の体~顔~皮膚皮下~いろんな詳細によって必須資格があります、それプラス開業に必要なライセンスも別途要。

フェイシャルだけの資格よりマッサージの資格も持ってると、お顔に化粧品や器具を使えるようになったり、お腹とお尻のマッサージを素手で出来るようになる。厳密に言えば、フェイシャル資格で体のマッサージは出来るが、お腹とお尻はシーツの上からならOK。マッサージの資格だけだと、顔に触れてマッサージは出来るが、化粧品と証するもの何らかのマシンを扱うことは出来ないなど。

日本にもあるがハワイにだってグレーゾーンってものもある。はっきり確立されてない常態で進んでるところ。対お客さんに使用するものならば、私はハッキリしてないと使わないタイプだから、迷った時はDCCA政府機関にすぐ確認をとります。でも本土より脱毛事情が遅れてるし、脱毛の学校もないハワイなので、管理責任者でさえElectrologist資格の事はあまり熟知してないのが苦笑 しかし迅速に対応してくれる。

気になる施術があって、私の所持資格でどこまで可能かをうかがってみたところ・・・・・来月の議会にかけてくれるって

K_001 昨日は大雨で凄かったぁ遠方のお馴染みさんには無理せず予約の変更依頼、そんな雨の中でもキムチをしょって来てくれたお馴染みさんが一人。いつも大量に韓国スーパーで買っては食べきれなくなるそう。それでは酸っぱくなったキムチでチャーハンはいかが?キムチ鍋は有名ですが、ただキムチと長ネギだけでいい味が出る焼き飯!火が入るので酸味が消えて美味しいよ。

| | コメント (0)

準備OK!

今日のHawaiiは暑かった~~よく歩いたから脚の筋肉つっちゃた>< 
ナルトド旦那:「She’s getting old」・・・その通り、私は日に日に歳を取っています。
だけど歳を重ねた女はまた良い味が出るんですよ!若すぎてもダメ~~歳行き過ぎてもダメ~~ある程度の年輪を積んだ今じゃなきゃダメな事もあったり。

ワイキキで施術が出来るスペース作りの為の準備を続けてきてました。
後から問題がない様に石橋を叩き叩き進んできてました。

ビジネスをお考えの方はご存知!サロンを持ってマッサージをする場合はMAE許可書が必要。フェイシャル等エステをするにはBeauty Shop許可書が必要。それにもうひとつ、双方とも保健局の営業許可も必要。勿論!個人のライセンスは当たり前。
一業種に3つも免許が必要
永久脱毛のライセンスみたいに、個人の免許で全てを網羅してくれてれば楽なのに!
でも簡単な資格じゃないから、そのぐらいの利点はありかな。

こぼれ話・・・・・保健局の責任者さんは消費者保護局(ライセンス管理・管轄所)よりも的確かつ迅速対応で信頼できたなぁ~。色々と興味津々だったことを聞いちゃった。
「あれにはそんなライセンスが必要だったのか・・・・」とか~「じゃぁあれって違法なのか・・」叩けばホコリがでてくる~~でもこれがHawaiiなのかも!!

Electrolysis permanent hair removal Hawaii

| | コメント (0)

奥が深い永久脱毛歴史。

時間を見つけては再復習で永久脱毛や皮膚科学の書籍を読み、改めて色んな情報を検索して勉強を兼ねて文章にまとめています。

昔はライセンス取得の為にで、流して読んでいた部分なども理解しながらまとめています。

1875年に眼科医が逆さ睫毛の治療に用いた電気分解方が初の脱毛の始まりです。
その後に高周波脱毛がスタート~~混合方などが出来ました。
これが永久脱毛として立証されてる電気脱毛の始まりです。

これちょっと怖い話!!1950年頃までの50年間に渡って、アメリカではX線を使った脱毛が行なわれていました。永久脱毛は出来たようですが怖い副作用が後に発見。
しわ・しみ・傷の副作用、そしてあってはいけない後遺症~~脱毛後10年から35年の間に、
ケロイドやガンが皮膚に発見されました。

やっぱり毛が無くなっても火傷や色素沈着が残っては美容とは言えませんね!!
毛が無くなると本当に肌がクローズアップされます。毛が無くなることで毛穴が縮んでベービースキンになるんです!
見せたがり屋の私・・・・・15年前に終了してる腋や自分でやった脚&腕&ビキニライン(指2本分)を、言われる前に脱いで見せます^^ 自慢じゃないけどゴッツー毛深かったです。

後遺症って怖いね。10年後~20年後~30年後肌の下で何かが起こってるなんて@@

紫外線も浴びた直後は気付かなくても、後で大きな肌トラブルになるしね。



| | コメント (2)

ライセンスの定義!?

休憩時間にランチを取りながら、日刊新聞に目を通します。
スキンケア・サロンやら美容整形の広告も多し。

コーワーカーがドコドコはクレームが多くて大変で、友人は受付辞めたんですぅ~~人の出入りが激しい所って問題ありね~~~と。

あらっ!また新しい
タツゥーショップ!!興味ありありなんです私。
でも何の資格が必要なんだろ?
コスメトロジストと聞いたけど・・・・・・・
本当にコスメトロジストだけで良いのかなぁ??って。じゃ私も出来るんじゃん。

何て事を話してたら、職場の子が
「日本って資格が無くてもエステも何でも出来るから怖い」って言ってた。
これは
日本での経験が無いアメリカに来てからライセンスを取った人に多い声
それを聞くと私は必ず反論します。

アメリカに来て沢山の資格を持ったセラピストを見てきましたが、素晴らしい知識を持ち・向上心のある人には滅多に会いません。
ハッキリ言って、学校行って本の中だけの勉強をして数ヶ月もすれば卒業・・・・
卒業すれば試験受けてライセンスGet。その後のアップデートの試験も無ければ何級なんてものも無し。学校=資格がもれなく付いてきます。

昔から早く日本にも
資格制度が出来ればと思い続けています。
個人サロンは知りませんが、大手はかなりの修行にレヴェルアップの試験を受けています。これも資格制度が無いが為の策なんでしょうが。

私は日本とアメリカの両方の経験者だから言えます!!日本の試験は難しい。
アメリカのエステティシャンのテストなんて入社研修後に受けるテストより簡単。
例え全て英語でも簡単!!本からぶち抜き問題だから暗記で済むんですね~
でもElectrologist(脱毛師)のライセンスは難しかった・・・・
内容が医学・電気学・物理学・化学・コスメトロジストやエステティシャン全般から論理的に出るから勉強しましたよ。

車の免許でよくペーパードライバーと言いますが、エステの世界ではペーパーライセンスでもOK。常に美容に敏感でないとね。

| | コメント (0)

良く比較されてますが・・・

永久脱毛ってどれが良いの?って迷う事多いのが事実。

答えは、どれも技術力による事が多様にあるのではと思います。

レーザー脱毛をCanalさんは行わないの?っとも聞かれます。

これには二つの理由で私は行わないです。

一つは以前6月のブログでも話しましたが、医療勤務時代に実際に扱いました。そこで出会ったDr達とのやり取りからちょっと疑問があってしません。

6月のブログ・・・http://electrologist-hawaii.cocolog-nifty.com/hawaii/2006/06/post_e5ef.html

もう一つは、Hawaii州ではレーザー脱毛をするにあたってライセンスが必要です。MD(ドクター)そしてPhysician アシスタント(医者助手)

つまり、ナースでもダメ!!ドクターのみが使用許可された機器なんです。

可能ならば両方を操作できる事が一番理想ですが、肌や将来性についての

的確性は未だ何とも言えないとドクターは言います。

ちょっと頑張ってライセンスを取ってみようかなぁ~~と

ライセンスを知りたくて、Hawaiiライセンス・オフィズに聞いてみました。

ナースはナースのお仕事のみ・・・・

ナースの多大なヘルプがあって医者が手術出来てるのに、

レーザーは医者だけが出来る特権なんてね。

でも結構と、この法律に違反してる所ってHawaiiにはかなりあると思うわ。

だって日本人は居ないってことじゃないですか。
 

| | コメント (0)

ライセンスご事情

Hawaii州でもどこの州のライセンスでもWebで確認できる今の時代。
ライセンスの更新もネットでどこからでも出来るようになりました。

そこには色んな個人情報(ライセンス)があり、どんな人がライセンスをいつ頃取り、更新しているかを確認できます。


エステティシャンは#16400以上、マッサージセラピストは#9600以上、
私が持ってるElectrologistは#35・・・・

Electrologistのライセンス更新してる人はほんのわずかしかいません。
皆さん本土へ行かれてしまったりする事が多いです。

なんと取得者が少ないんでしょう~~~日本人は私一人だけです。

取得者が少ない理由はただ一つ!!
Hawaiiには永久脱毛の学校が無いんです。
だから他州の学校に行ったり、他州のライセンスを取得してからHawaii州ライセンスを取るという
Wの試験をしなければいけない事。

永久脱毛は医学に近い部分があり・・・でも医学とはまた違う形で、
「皮膚科学」「電気科学」「毛髪学」「神経学」「ホルモン内分泌系」などを、
毛との繋がりを深く関係させながら専門に学んでいきます。

でもHawaiiにはそれを学んできた人達がとて~~も少ないのが事実です。
学校が出来る事は無いんでしょうね。
永久脱毛の理論と原理をしっかり学ばず脱毛は語れません。と思う私。

| | コメント (2)

なぜ?

今ふっと考えてしまった・・・なぜ永久脱毛のライセンスを取ったのかなって。
きっかけはコーワーカー(職場の子)の一言だった。
「永久脱毛してよ~~~」と私の腋やビキニラインを見て言われてセガマレタことかな。
医療時代の脱毛も楽しかったし。ハワイにライセンス保持日本人も居ないし

それがHawaiiで永久脱毛のライセンスを取るきっかけになった。
それからは色んな書類を集めなければならなかったのが大変だった。

幸い私はアメリカ本土での試験資格に必要なだけの教育時間を終了してたし、CPEという国際認定脱毛師のライセンスも10年以上前に取ったしで。
学校に行ってまた一からではなかったのがラッキー♪

それを証明する為の書類作りと集めるのにメインランド等とコンタクトとって
やっと書類が出来上がり、試験を受ける事となった。
その後は医学書やら試験参考書を毎日じっくり?食事時間の合間に勉強しましたよ。
運良く1回で受かった奇跡****@@@****

で!そのコーワーカーの彼女は・・・綺麗になりましたよ。
これで約束は果たしたぞ!!

明日も永久脱毛日だ~~頑張ろうっと。早く寝ないと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

エステの仕事

私とエステの仕事の出会い。
それは今から21年前・・・私の悩みは繰り返し出来るニキビ!!
きっとエステの仕事をしたら自分も綺麗になれる~~~と思ったのがきっかけ

がががががが・・・・仕事始めたら凄いストレスでニキビ悪化。
その悪い環境から抜けれるよう頑張って仕事して、チーフカウンセラーとして転勤。そこで気分も一新、美容の知識や技術も付いて来て肌トラブルは解決。

その時から色んな肌への興味、医療面の勉強を始めるようになりました。
肌と体は直結してる事が多く、体の不調が顔で判断できます。

日本はライセンス(資格)制度がないです。アメリカは各州ごとにライセンスを取得しなければなりません。

でも私思うに・・・・ライセンスが無いからこそ日本の方々はとても勉強熱心だと思う。アメリカは誰でも学校に行ってテストに合格すればライセンスが取れます。
日本の頃に受けたテストなんかより遥かに簡単で単純な資格試験でした。
そして、ここHawaiiで感じてる事は、本当に理論知識を持ってる人、技術を持ってる人がいないこと。レヴェルが低いです。

果たしてライセンス制度はあるべきなのか・・・ただの飾りに過ぎないものか
脱毛士もHawaiiでは私一人しか居ません。
このライセンス試験は難しかったよ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)