« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

女性の健康向上に役立つかどうか~。

永久脱毛はとっくに終了し、今は予防スキンケアと体のメンテナンスにはまってる、長いお付き合いの“ドクター1号さん”。いつもながら話題は「ヘルス」~~おバンズ・トークで尽きる事はないです

病気と同じで肌にも予防が必要で、抵抗力があるからこそ~~日頃からのケアがあるからこそ、最悪状況を阻止できる訳でして、ましてやサンサン太陽のハワイ生活では予防なくして、どう老化を防げる?それともシミと大の仲良しになる?究極の選択になってしまいます。このハワイでシミを作るのも濃くするのも簡単だけど、作らないようにするのは皆さんの日々の努力が1番なので頑張って下さい。

そんな病気の予防に強い制度!New women health insurance lawが8月1日より一部スタートのNewsを見ました。今までは保険会社に蹴られていた医療費請求も、この新制度で義務付けられるので個人負担の心配なく医者も進めやすいわぁ~~患者も負担がなくなるわぁ~~で受けやすくなります。下記の項目が適用項目です・・・・・が、適応条件は医療保険法が成立した2010年3月以降に保険に加入した18歳から65歳っといった感じで、全ての女性にではないのが残念

  • Contraceptives 
  • Breast and pelvic exams
  • Well-woman visits, including Pap tests
  • Prenatal care
  • Breast-feeding supplies, support, counseling
  • Human Immune-deficiency Virus screening and counseling
  • Human Papillioma Virus (HPV) testing
  • Sexually Transmitted Infection counseling
  • Domestic violence screening and counseling
  • Screenings for gestational diabetes

アメリカのように個人の所持する保険によってOut of pocketが大きく変わる国は、このような制度によって救われる方も多いのかと思います。

Nb_011 血糖値も正常~コレストロールもよし~成人病の心配どころか全く健康状態問題なしの私に、ドクター1号さんもドクター4号さんも甘ーーい餌付けを毎回して下さいます 自他共に認める、何と酷い食生活習慣をしてるのにド健康なのか分かりませんが、ババァーはドンだけ過酷な生活をしても不死身なようです

頂いたお菓子たち・・・とろける美味しさでした。

| | コメント (0)

早っ。

夏休みも終わり新学期がスタートしたら、宵っ張りだった娘は早くもお疲れ気味。長い夏休みの間、成長に伴い小言も増えるミニ反抗期から開放され、ババァーは浮かれ気味。でもやっぱり寂しいね~。

旦那さんも子供も健康であることに日々感謝をしています!あの二人の早業と言えば・・・・すっげぇぇ早寝。布団に入ったら3分、カップラーメンよりも早く~~ウルトラマンのタイムリミットよりも早く寝付けるヤツラ。今夜は9:30頃から旦那さんのイビキ&娘の寝息が聞こえております、、、、これで生きてると安心!

こんなに早くも寝れる人って幸せなのか、人生を無駄にしてるのか良く分かりません。私は心身共に疲れが来ないと寝付けない短時間睡眠派。早く布団に入った所で、羊を何匹数えても寝れそうもなければ、想像力がドンドン冴えて1冊の本が書けてしまいそう

私を知る人は100%に近い確立で皆こう言います、「悩みがなさそうだよね~~」 「いつも明るいもんね~~」 「ストレス無いでしょう~~」・・・・・・いやぁーこれが意外とストレスはMaxまで溜めれる人~~忍耐強さはピカイチだと思ってます。

こう言ったストレスを溜めやすいタイプはハートアッタク起こしやすいとか言いますが、血液検査すれば毎回笑ってしまうほど若者並みの素晴らしい結果、ハートアッタクのリスクのかけらも何にも無い!お墨付き。もしかして“意外とストレスはMaxまで溜めれる人~~忍耐強い”ってのは自分の中での勘違いで、意外と私はノーテンキなポジティブ人間だったりして  わからないわぁ

沢山の経験や苦労をしたことで得たもの、色んな局面に立たされても越えていくど根性!苦境は越えられる人に与えられるハードルなのさぁ。まだまだババァーの先にも波乱が待ってそうですが、ワイルドに乗り切っていくぜぇ。

いかいにせよ、素敵なお馴染みさんたちと交わってると癒されるぅぅぅ~~、それが私の活力の源!感謝しております。

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »